「ゼノアに、イエロー系の
ファンデーションはありませんか?」

お問合せを頂くことが、ここ最近増えておりましたが、


ついに、イエロー系の

 

サンスクリーン ファンデーション
新色「ナチュラル
が発売されました!

 

ゼノア サンスクリーンファンデーション ナチュラル(イエロー系)

 

 

サンスクリーンファンデーションは、
ゼノアのファンデーションの中で、紫外線対策No.1
しかも冷房の風による乾燥からも肌を守るので、
一年中使えるファンデーションです。
(特に乾燥肌の私は、年中頼りきっています♪)

 

 

これまでのサンスクリーンファンデーションは、
多少なりともピンクを感じますが、

 


新色「ナチュラル」は、ピンク味がなく、
肌のトーンによらず、肌になじみやすい色です。

 

 

ゼノア サンスクリーンファンデーション カラーチャート

 

 

「私の肌には、ナチュラルの方がいいの?」

「私がもっともっと『キレイ』に見える色は?」

「時間が経っても、明るい肌色のままキープする色は?」

と思われる方もいらっしゃると思い、
早速【花咲スタッフ達】で使ってみて、
感想をまとめてみました。


* ………… * * ………… * * ………… * * ………… *

 

 

(※普段使っている色=サンスクリーンファンデーションの色です)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 

●(スタッフ A)

普段使っている色:オークル
肌のトーン:やや健康色
肌の色:イエロー系
---------------------------
普段、オークルでも違和感がないのですが、
「ナチュラル」の方が、肌が明るく
いつもよりもメイク感がでて、美肌に見えます。
(首との色の違いは目立ちません)
時間がたっても、くすみにくいのもいい!

 

★肌に合う色:ナチュラル

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 

●(スタッフ B)

普段使っている色:オークル

肌のトーン:健康色
肌の色:オークル系
---------------------------
普段、オークルでピッタリなのですが、
オークル」だと、午後からはお化粧していない

みたいになって、ちょっと残念でした。
その点、ナチュラルを使うと、肌が明るいままなので、

そこが気に入りました。
オークルとナチュラルを混ぜて使ってもオークル1色使いより綺麗です。

使い方は2種類
◆ファンデーションの段階で、2色を手のひらで混ぜてから塗る。
◆おでこ、鼻、頬などのハイライトゾーンにはナチュラル、
顔の輪郭には、オークル、とパーツで塗り分ける。
この2色使いも◎でお勧めです。
(首との色の違いは目立ちません)

 

★肌に合う色:オークルナチュラル

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 

●(スタッフC)
普段使っている色:肌2

肌のトーン:標準
肌の色:少しイエロー系
---------------------------
ナチュラル」の方が、肌になじんで
きれいに見えました。

 

★肌に合う色:ナチュラル

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 

●(スタッフD)

普段使っている色:肌2

肌のトーン:白め
肌の色:青みがかったイエロー系
----------------------------
顔色が良くないので
ナチュラルよりも、「肌2」の方が、
明るくキレイにみえ、血色良く健康的に見えます。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 

●(スタッフ E)

普段使っている色:ピンク

肌のトーン:白め
肌の色:ピンク味
---------------------------
ピンク」の方が、血色がよく、
明るく見えました。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 

●(スタッフF)

普段使っている色:肌1

肌のトーン:色白
肌の色:ピンク系
----------------------------

ナチュラルよりも、明るくてピンク味のある
いつもの「肌1」の方が、
明るくキレイにみえました。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 

試してみて、


「イエローベースのスタッフの肌には、
今までの色よりもピッタリ合い、
肌がきれいに見えるお色なんだなぁ〜。」

と感じました。

仕上がりの好みの肌色は
人それぞれ違うので、お色選びの参考となれば嬉しいです。


今使っている色が、
「なんだか少し違うわ?」という方は、
ぜひ一度、ナチュラルをお試しくださいませ。

 

1