ゼノアのサンスクリーンファンデーションは、
やや固めのファンデーションです。
ゼノア サンスクリーンファンデーション

油練りですので、気温が低い時期には特に固くなりがちです。


そこで、

ちょっとしたひと手間で、
伸びをよくして簡単につけられる方法をご紹介します。

------------------------------------------------


【ローションやリキッドファンデーションで割って柔らかく!(おすすめ)】

手の平にサンスクリーンファンデーション小豆粒程度取ります。
酸性ローションか、リキッドファンデーション1滴加えます。


両方の手のひらを使い、力と体温をかけて力強く混ぜ合わせます。
(瞬間的に「液状」になり、大変塗りやすくなります。)


「液化」している瞬間に、一気にクリームを付けるように
顔全体にのばすと、均等に馴染み、
毛穴感なくキレイに付けることができます。

------------------------------------------------
酸性ローション
------------------------------------------------
今お使いのゼノアの酸性ローションで割ってください。

------------------------------------------------
ゼノア リキッドファンデーション(水おしろい)
------------------------------------------------

ゼノア リキッドファンデーション

とてもサッパリした、クリームイエローの水おしろいです。
軽い付け心地で、顔色を明るく、美しく見せます。

------------------------------------------------


サンスクリーンファンデーションを使った紫外線対策方法はこちら
ご覧ください。

お顔に、紫外線対策用クリームの

フリージアクリームや、

クリックで挿入

アンティサンバン4MMGをつけたあと、

クリックで挿入


上からパウダーをはたくと、よれにくく、
肌の上で安定し、紫外線散乱効果もアップします。


より素肌感に見せたい、ノーメイク派の方は、
色のついたタイプのフェイシャルパウダーではなく、

クリックで挿入



酸性パウダーをお顔にはたく方法があります。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ゼノア 酸性パウダー

※酸性パウダーについている純正のパフは「ボディ用」です。
お顔用にお使いになる場合は、別売のパフをお買い求めください。

----------------------------------
絹肌仕上がり ゼノア化粧料通販・花咲
オリジナル・パフ
----------------------------------

クリックで挿入  クリックで挿入


白いパウダーを、お肌の上にのせると、
半透明の明るいベールになり、
自然で明るい顔色に仕上がります。


【使い方】
ローション、クリームでしっかり下地を作ってお使いください。

酸性パウダーを【絹肌仕上げのテクニック】で、
お顔にはたきます。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
絹肌仕上げのテクニックはこちら

ゼノアの紫外線対策製品には、

--------------------------------
サンスクリーンファンデーション
(練り状のファンデーション)や、

クリックで挿入

アンティサンバン4MMG
(日焼け止めクリーム)

クリックで挿入

フリージアクリーム
(軽い日焼け止め効果のあるバニシングクリーム)

クリックで挿入

----------------------------------

がありますが、
全て少しべたつき感のある、クリーム状です。


クリームタイプの紫外線対策製品を使用するときは、
上からパウダーをはたくとよれにくく、
肌の上で安定し、紫外線散乱効果もアップします。


【上からはたく用途に適したファンデーションは?】

ゼノアのパウダーファンデーションには、

----------------------------------
フェイシャルパウダー
(サラサラとしたタイプの粉状ファンデーション)

クリックで挿入

ネオパウダーファンデーション
(固形のファンデーション)
クリックで挿入
----------------------------------
がありますが、


クリームタイプの上からはたく用途には、
油練りで固めたタイプのネオパウダーファンデーションよりも、


粉状のフェイシャルパウダー
ほどよくクリームの油分を吸い、
よれにくく、サラッとした仕上がりになりますので
おすすめです。


【きれいに仕上げるためのコツ】

フェイシャルパウダーには、
ケースに付属の綿パフが入っていますが、
こちら一枚でお粉をとってはたくよりも、
さらにキレイに付く方法をご紹介します。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
毛穴感のない絹肌仕上げのテクニック

ややオイリー肌〜超オイリー肌の方で、
下地づくりの際、
ローションでクリームを割る方法を試しても、
まだメイクが崩れるという場合は、

 
スキンケア用品を、
暖かい季節だけ、サッパリタイプのものに変えてみましょう。


------------------
メイク落とし
------------------
ゼノア コールドクリーム20

------------------
酸性ローション
------------------
ローションA-30をお使いの場合、

ゼノア ローションA-30

ローションM-3に切り替えたり、
ローションA-30とローションM-3を混ぜて使って、
肌コンディションにあわせて
お肌にぴったりの使用感を試してみるのもよいでしょう。



【皮脂対策ローション】

ローションM-3

ゼノア ローションM-3
 

------------------
化粧下地クリーム
------------------
シットリタイプのクリームA-30
などをお使いの場合、

メイク前の
下地クリームを
サッパリタイプのクリームに変えてみましょう。

     ↓  ↓  ↓  ↓

クリーム20

ゼノア クリーム20

オイリー肌の女性や男性に。


クリームU-1

ゼノア クリームU-1

エイジングケア用クリーム。

暖かくなると、気になり始めるのが
メイクくずれですね。


朝のお手入れのちょっとしたポイントで、
メイクくずれを防ぐテクニックをご紹介します。


ゼノアのメイク前の下地作りは、


 ローションを塗った後、
クリームを付けて保護する方法が通常の使い方ですが、


クリームを手の平に取り、ローションで割ると伸びがよくなり、
お顔に均一に付けることが出来ます。


忙しい時には、時間も短縮できる便利な方法です。


乾燥肌や、敏感肌の方は、
下地でしっかりと肌を保護するために
通常の使用方法がよいのですが、


普通肌の方で、夏の皮脂が多く出る時期や、
オイリータイプの方には、
この方法でクリームの量を少なめに使うことで、
メイク崩れ予防にもなります。


オイリータイプの方で、上記の方法で
間に合わないときは、こちらの方法をおためしください
          ↓
オイリー〜超オイリーの方のメイク崩れワンポイント

はじめまして


ゼノア化粧料通販・花咲スタッフです。


このブログでは、
長年ゼノアを使っている
ゼノア化粧料通販・花咲のスタッフ達が、


いつも社内で話あっている、
「この方法、キレイに仕上がる!」
「このシーズンは、こんな使い方が気持ちいい!」


そんな声や、テクニックを集めてみました。


肌質も、様々なスタッフが揃っているので、
あなたの肌質と同じスタッフもきっと見つかるはず!


ちょっとしたコツで、肌もメイクも、満足いく仕上がりで、
毎日鏡をみるのが楽しくなりますよ♪


あなたのお手入れにも、ぜひ取り入れてみてくださいね。